会場と和装の人

New Posts

レンタルで着用

神前式

成人式には欠かせない振袖も今ではレンタルで済ませることが出来ますが、振袖の種類やサービス内容によって利用料金が変わってきます。また予約のタイミングで着たいものを着れるかそうでないかということもあります。

もっと詳しく

これまでの背景

着物レンタルを実施した場合の料金について探る

私たちの毎日の生活においては、洋服を着用して活動している事が多いですが、場合によって着物が必要になる場面などもあります。着物については、自分で所有していなくても、現在ではレンタルする事で着用する事ができます。 レンタルをした場合の料金については、それぞれのものによって違いが見られます。例えば、訪問着の様な高価なものでなくても、簡単な合成ビニール素材でできたものであれば、数千円で着用できる場合もあります。この場合には、時間の制限が非常に短いので、少し別枠にっている場合もあります。 一般的な振袖や黒留袖、訪問着などにおいては、大体1万円位まででレンタルする事ができますが、着用の際に必要な帯などの付属品については、それぞれのサービスによって一式になっている場合、含まれない場合があります。

これまでの変遷を紐解く

着物レンタルの始まりとしては、現在の様な個人個人の場面に応じて貸し出される様になったのは、比較的最近になってからの事です。着物を貸し出す場面としては、結婚式における花嫁衣裳などがあります。結婚式を式場を借りて行う様になったのは、戦後になって暫くしてからの事ですので、生活にゆとりができてからの事です。正式な場においては和装で出席するという意識も強かった事から、その後は、留袖、振袖などが必要とされる場面でのレンタル着用も広まっていった背景があります。 最近では、小さいこども、あるいは若い人、成人、シニア世代に至るまで、レンタルで着物を着用する場面も多く見られる様になっています。レンタル着物を取り扱う業者の数も増える傾向にあります。

Article List

祝の席にも着て行ける

碧色の振り袖

振袖は成人式だけで着用が出来るものではありません。結婚式でも着用することが出来ます。この場合にもレンタルが出来ます。また、結婚式で振袖を着る際にもマナーがあります

もっと詳しく

利用業者を選ぶ

着物の生地

結婚式も成人式も振袖を着用するにはレンタルサービスが利用されています。レンタルサービスを提供している業者の数は多くなっているので、情報を集めてから何処を利用するか決める必要があります。

もっと詳しく